佐賀大学 循環物質化学専攻

日本語 英語 佐賀大学 循環物質化学専攻 佐賀大学大学院 工学系研究科

教育目標

機能物質化学科の教育目標

 機能物質化学科の教育目標は「化学を通して継続的に社会に貢献することのできる人材を育成すること」です。この教育目標は,理工学部の教育目標である「基礎に強い工学系人材」「応用に強い理学系人材」の育成に基づいています。基礎的・原理的なことを学ぶ理学的要素とそれを生かした応用技術を学ぶ工学的要素を組み合わせ,グローバルな視点から問題を考え自立して計画的に仕事を進めることができる「幅広い知識を備えた科学・技術者を目指して現代社会の科学技術の先端を担う」人材を社会に送り出すことを目指しています。

技術者教育プログラム(機能材料化学コース) 学習・教育到達目標       学術教育プログラム(物質化学コース) 学習・教育到達目標

機能物質化学科の教育システムの特徴

本学科には以下の二つの教育プログラム(コース)があります。
     ○ 技術者教育プログラム(機能材料化学コース)
     ○ 学術教育プログラム(物質化学コース)

それぞれのコースの特徴は,

機能材料化学コース (技術者教育プログラム)

  • 統一的基準に基づいた技術者教育プログラムによる国際的に通用する学力の保証 (世界中のどこに行っても通用する化学技術者の育成を目指します)
  • 幅広い化学知識と実践力を修得した化学技術者の育成
  • 高等学校教諭1種(工業)普通免許状の取得が可能

物質化学コース (学術教育プログラム)

  • 基礎から応用までの幅広い化学知識と実践力を修得した人材の育成
  • 豊富な選択科目履修による多面的な教育システム
  • 中学校教諭1種(理科), 高等学校教諭1種(理科)教員免許状の取得が可能

です。2年次から各コースに分かれてそれぞれの教育プログラムを履修します。

本学科には,カリキュラムの立案と運営を行う教育プログラム委員会,各教育分野ごとの所属教員で構成される分野別教員会議,教育点検を実施する教育FD委員会,教育改善の実施と指導を行う教育改善委員会を学科内に置き,教育内容および実施の整合・統合・改善を図っています。

機能物質化学科のカリキュラムの特徴

  • 1年次を共通カリキュラムとし,基礎科目として数学,物理学,基礎化学,情報処理科目などを履修します。
  • 2年次からの専門科目履修のための十分な基礎学力を保証するために,1年次を終了した時点での単位修得状況に応じて2年次への進級が決定されます。
  • 2年次以降は1年次で修得した基礎知識をもとに,さらに詳細な専門分野への応用的な科目を履修し,4年次での卒業研究を開始するに必要な知識を獲得します。
  • 卒業研究配属後,社会に果たす責任を自覚させるために技術者倫理や知的財産権などを理解します(機能材料化学コース)。
  • 基礎から応用まで無理なく理解できるような積み上げ方式を採用し,幅広い教養に裏打ちされた化学的視点をもつ人材を育てるためのバランスの良いプログラムを提供します。
技術者教育プログラム(機能材料化学コース) 履修モデル       学術教育プログラム(物質化学コース) 履修モデル

学生生活への支援体制

学費に対する支援体制

経済的理由により授業料の納付が困難な学生のために,授業料の全額または半額が免除される制度があります。日本学生支援機構をはじめとする各種奨学金の手続きと推薦を行っています。また,佐賀大学が新設した返還の必要のない奨学金である,かささぎ奨学金があります。

勉学及び生活に関する支援体制

  • 学業や課外活動で顕著な功績があったと認められるものを表彰する学長賞や理工学部学生表彰制度があります。また学科では,卒業時に優秀な学生をベストスチューデント賞 として表彰するとともに,年度毎に各学年で優秀な学生を表彰しています。
  • 学生支援のための制度としてチューター制度が設けられています。本学科では,全教員が各学年の学生3~4名のチューターとなり,学習・生活全般にわたり指導を行っています。
  • 修学の意識付けを図る試みとしてラーニング・ポートフォリオを利用しています。
  • 全学生の就学及び学生生活を支援するWeb コンテンツとして LiveCampus ポータルシステムが導入されており。Web 上で自分のスケジュール(履修登録した授業科目など)の確認,休講・補講などの授業連絡,共通連絡の参照,受講している科目の課題レポートの提出,資料の入手,授業フォーラム(掲示板)への投稿などをすることができます。
  • 授業で分からなかったところ,自学自習のポイント,学習方法に関する悩みなどの学習上の種々の相談に応じる学習アドバイザー制度があります。また新入生に対し,「履修の選択や登録」をはじめとする修学上の相談のために,新入生アドバイザーを配置し,スムーズに大学生活をスタートできるシステムを整備してます。
  • 大学生活に支障をきたしている学生をサポートするため,キャンパス・ソーシャルワーカー制度があります。

各コースの授業履修モデル


PAGE TOP